道。

目の前にはたくさんの道がある。

どの道を選べば良いのか分からない。

その場の雰囲気で選んだり、よく考えて選んだり・・・

色々な道の中から一つを選んで歩き始める。

後ろを振り返ると自分の足跡が残る一本の道しかない。

どの道が正解なのか、どの道が正解だったのか、自分には分からない。

d0076704_19041865.jpg
今まで歩いてきた道は正しかったのだろうか。

他の道を進むとどうなっていたのだろうか。

これから歩く道は正しいのだろうか。

d0076704_19052472.jpg
一つの道を選択するということは、他の道を捨てるという事。

たくさんの可能性の中からいつもひとつを選んで歩んでいる。

d0076704_19072219.jpg
d0076704_19072496.jpg
時折、どこに進めば良いのか分からなくなる。

この道には、目的地を指し示す標識がないからだ。

それでも、終わりの無い目的地に向かって歩くしか無い。



この先には何があるのだろうか。

道の選択を誤っていないだろうか。

ちゃんと景色を見てきたのだろうか。

ここではないどこかにたどり着くことが出来るのだろうか。


d0076704_19133721.jpg
唐突に終わった道。突如広がった景色。

不安定な道を歩き続けてきたその結果は、とても良い景色でした。

どうやって撮ると良いか分からなかったけれどね。


この道は本当に心地よい道でした。

もっと色々ちゃんと見ておけば良かったかな・・・。





定期的に更新したいのだけれどね。。。

頑張りたいです。

[PR]

by syou_suke | 2016-12-17 19:38 | 自然系写真 | Comments(0)